BTS・Jin LAツアーのソロ”Epiphany”がスゴイ!会場大興奮の美しさ!

BTSのワールドツアーが、始まった。ロサンジェルスの彼らをYoutubeで見たが、本当に今世界で最高に輝いているグループだと思った。今回はそんな中でも、Jinのソロのステージに注目した・・・素晴らしかった。

ロスの会場のどよめきが伝わって来たソロのステージ

BTS画像

http://www.youtube.com

一時期は、グループの中で歌のパートもダンスも出番が少ないとファンから言われ、”NOT TODAY”ではリリース後にJin パートをプラスするなどという事もあった。しかし、今回の”Love Yourself”の最終章”Answer”の収録曲”Epiphany”のMVとコンサートのソロステージを見て思ったのは、Jinの役割は別の所にあったという事だった。

Jinのステージは、素晴らしかった。高音の歌声とその表現力は勿論だが、ビッグスクリーンに映し出された彼の容姿は、そこにいた会場のすべてのBTSファンを虜にしてしまったのがはっきりと分かった。西洋人の彫りの深い美しさではなく、本当に透き通るようなアジア人の、控えめでどこか切ない美しさだ。会場の感動とどよめき、Jinコールが巻き起こっていた。圧巻のステージだった。

前回の”WINGS”ツアーでも、”Awake”のソロが素晴らしかった。この歌はJin が自分の事を歌ったという内容が話題になっていた。”自分は高くは飛べないけれど、6枚の花びらを大切にしたい。守りたい”というJin らしい優しく控えめな歌詞だった。

BTS画像

http://www.yutube.com

 

彼の容姿は、人を感動させる。普段はイケメンをギャグにしたり、イートジンでは食べまくる彼の姿に、本当に気取らない性格だと思っていたが、ここ一番というまさに今回のソロでは、最高のパフォーマンスを見せてくれた。ビッグスクリーンに映し出された彼の表情は、”花様年華”から続く一連のストーリーのアンサーに相応しい主役の顔だった。

そうなんだ。Jinの立ち位置は、いつもストーリーの軸の部分にいる。”花様年華”から”WINGS”、”Love Yourself”と続いてきたシリーズの重要な部分で、彼の存在はいつも大きかった。すべては、Jin の回想だという説もあり、誰が主役とは断言できないが、歌って踊る7人のボーイズグループの一人としてJinを見ない方が良いという事だけは、今回わかった気がする。BTSはただのアイドルグループではない。一連のシリーズのメッセージ性の高さを見ても、ストーリーがARMYに与える影響力は絶大なものがある。

今回のロス公演でARMYの一人が、インタビューに答えて”鬱病を患っていたが、BTSのファンになリそれを克服した”と言っていた。BTSは歌手でありダンサーであり、役者でもあるのだ。一連のMVの中のJinの存在は、美しく、はかなく、切ない。”花様年華”では、ビデオカメラを手に不安げな表情の彼が印象に残った。”WINGS”では、最後にアブラクサスに接吻する重要な役を演じていた。そして、”Love Yourself”の”Answer”の核となるこの”Epiphany”。すべてJin だからこその表現力、透明感と美しさだ。

何度、このソロのビデオを見た事だろう。BTS は、なんて多才なグループなのだろうと思う。一人一人の実力と魅力が、やはりK-POPの中でも群を抜いている。ロスの会場のどよめきと、興奮がビデオからでもしっかりと伝わって来た。11月の東京ドームで本物を見せてもらおう。今から筆者は、興奮状態だ。

 

BTS・Jin LAツアーのソロ”Epiphany”がスゴイ!会場大興奮の美しさ!” に対して1件のコメントがあります。

  1. maririn より:

    はじめまして。実は私はJINだけはミスキャストだと思っていました。
    AWAKEでの彼の作詞を知るまでは・・・彼の心情が映し出されていて、それからはJIN一筋で応援してます。
    ミスキャストだと思ったのは、彼の人としての上品さが、BTSのやんちゃな感じに合わないと思ってたからです。

    とても芸能人らしくない品位ある姿に、彼を踊らせるなんて!と思える程なんです(私にとっては、笑)
    こちらのブログの素晴らしさも格別です。
    これからも、時々お邪魔させてください。

    1. Maki Midori より:

      はじめまして!読んでくださって有難うございます。
      やっと、私もJINのBTSの中でのポジションがわかってきたところです。
      でも、すべてはやはりRMの企画力の素晴らしさだと思います。
      よくぞ、あの7人を揃えたと思います。

      2014年のDANGER以来、BTSを追い続けています。
      また、書いて行きます。
      是非、読んでみてください。
      よろしくお願い致します。 Maki Midori

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です