グラミー賞が噂されるBTS と最終章”Answer”について

BTS画像

https://qladoor.com/bts-loveyourself-answer-songs/

待望の”LOVE YOURSELF: Answer”がリリースされた。

今回の和訳は、”Into THe Magic Shop”をイメージさせるハッピーな「結」の部分の4曲のみとした。

“IDOL”

BTS 画像

俺をアイドルと呼ぶ
構わないさ、俺は自由だから
俺の悪口を言う、その理由が何だろうと
俺は何も変える気はないよ
俺は自分自身を愛する俺を止められない
これは俺のやる事だ、だからお前がしっかりしろ
俺はこのままいくよ
俺はどこに行ったって最高
俺はアイドル

“I’m Fine”

BTS 画像

太陽が輝いて見えたんだ
もう僕は大丈夫
苦しみはもう消えたんだ
お疲れ様、だからもう君の手を放すよ
僕は大丈夫。もう大丈夫
真っ暗な夜の暗闇は眠った夢を揺り動かすけど
もう悲しくはないよ
一人でも大丈夫、もう僕は大丈夫
僕は大丈夫

“Answer : Love Myself”

BTS 画像

僕は自分自身を愛するべきなんだ
もしかしたら誰かを愛する事より
自分を愛する方が難しいかもしれない
僕が生き僕が歩いた道、すべてで答えよう
昨日の僕、今日の僕、明日の僕、すべて僕なんだ
はじめから終わりまで答えは同じ
正解なんてないよ、全て僕なんだ
僕の中にはへたくそな僕がいるけど
自分自身を愛するべきなんだ

“Epiphany”

BTS 画像

なんだかおかしいんだ、僕は君の為に生きていたのに
全て君に合わせていたのに,君を愛していたのに
そう思えば思うほど心の中の嵐をどうする事も出来ないんだ
微笑む仮面の内側で、本当の僕をさらけ出す
今になって気付くんだ
僕は自分自身を愛していたんだ
少し不十分でもすごく美しい
僕は自分を愛するべきなんだ
愛したいんだ、この世界で
輝く僕を、大切な自分を
僕が一番愛するべきなのは、この自分自身なんだ

“I NEED U”から繋がる一続きのストーリーと、そのアンサー

BTS画像

http://www.youtube.com

BTS 画像

http://www.youtube.com

以前、私が「2014年“DANGER” の大ヒットのヒートアップが少し落ち着いた頃,”I NEED U”の韓国版MVでショックを受けた」と書いたが、本当にそれがこの大ブームの始まりだったと思う。
レトロな色調と、それぞれに暗い悩みを抱えたティーンズの姿が、美しいハイトーンボイスと共に深く胸に刻まれたのを覚えている。
グループの7人は、皆それぞれに個性があり魅力的だと感じた。
その後、すぐにリリースされた”Butterfly”を見た時、”I NEED U”には続編がある事を知った。

BTS画像

http://www.youtube.com

父親を刺して重い罪を背負った少年が、仲間の前で自分自身を裁くように海にダイブする。夕暮れの海を背景に彼の姿は、まるで蝶の様だと言う美しい歌詞とハイトーンボイス。
このシリーズとグループはスゴイと思った。
防弾少年団?不思議な名前・・・・でも、追いかけてみようと思った。

何度も書いてきた事だが、彼らはまさに実年齢のまま、このシリーズのストーリーとリアルを同時に歩いてきたと思う。リーダーのRMがこだわったのは「ティーンズの孤独」だ。
RMも14~5歳の頃は、色々と悩んだと話していたのを聞いた。実は筆者も15歳の頃がそうだったので、共感するものがあった。

そして、“WINGS”…なぜRMは、ここまで暗いテーマに挑むのだろうと思った。
しかし、”BEGIN”で、ジョングクが何歳か?と聞かれて15歳ですと答えるシーンで、我に返った。そして原案となったヘルマンヘッセの“ダミアン“を読んで、確信した。
防弾少年団、それは悩めるティーンズの鎧(よろい)になろうと言うグループだった。

“BEGIN”

BTS画像

http://www.youtube.com

“Boy Meets Evil” 自分の殻から出られず葛藤する少年をJ-Hopeが、素晴らしいダンスで表現する

BTS画像

http://www.youtube.com

事実、彼らはARMYに拘りいつもARMYとともにあると言う。孤独なティーンズが、どれだけ傷つきやすく、死に近いかをRMは知っている。
”ダミアン”のテーマは、己に返り自我を見つけよ!という深いものだった。
”WINGS”のシリーズにも”I NEED U”に登場したシーンやそれをイメージさせる映像があり、ストーリーはますます謎めいて行き、グループのメンバー一人一人がまるでそのストーリーを生きているようにも感じられた。
そして、“WINGS” 外伝として”NOT TODAY”がリリースされた。
「負けるのは明日で良いから、今日は戦え。負けるのは今日ではない」という力強い歌と黒子数十名を従えての、大パフォーマンスだった。
アメリカでの彼らの人気に火が付き始めたのは、この頃だと思う。

“NOT TODAY”

BTS画像

http://www.youtube.com

“Answer”は、非常にポジティブなマインドフルネスだった!

そして、最終章となる”LOVE YOURSELF” の原案が発表され、それを読んだ時は衝撃だった。これが答えだったのだ!”Into The Magic Shop”は、非常にポジティブなマインドフルネスを教えてくれる本だった、
BTSが導いてくれたストーリーと示されたアンサーは、感動的なものだった。
2014年から続く、”花様年華””WINGS””LOVE YOURSELF”は、BTSからARMYに贈る完璧なメッセージだと思う。
家庭内暴力に苦しむ者、薬物に手を出す者、失恋、家出、自殺…ティーンズの心は揺れている。それは、彼らがまだ鎧をまとっていないピュアな存在だからだ、
日本でも、毎年9月は子供の自殺が急増するそうだ。
デビューした時の彼らは、決して皆が15歳という若さでは無かったが、短パンにセーラーカラーのトップスで”I NEDD U”を歌い踊る姿は、若年層を感じさせた。

・どんなに環境が悪くても、失望し絶望したとしても、負けてはいけない。明日、負けたとしても今日は負ける日ではない。(”NOT TODAY”より)

・自分自身に立ち返り、自我を見つけなさい。(ヘッセ”ダミアン”より)

・環境が人を不幸にするのではなく、自分の心が不幸を作っているだけだ。(Into The Magic Shopより)

・夢の未来は、自分が強くイメージすれば絶対にかなう。それはまず、自分を愛する事から始めるのだ。(Into The Magic Shopより)

・自分が成功するのも失敗するのも、すべてのカギは誰でもない自分が握っている。(Into The Magic Shopより)

・だから負けずに一緒に歩いて行こう!

 

と言うのが、防弾少年団のメッセージだ。

以前にも書いたが、こんなグループはいまだかつて存在しなかった。
前回の記事で、彼らはストーリーとリアルを生きるアイドルだと書いた。
そして、こんな素晴らしい内容を、彼らは美しい容姿と声と、抜群のチームワークと独特の面白さで、その日常もSNSで伝えてくれながら、歌と踊りの過酷なレッスン、作詞作曲の創作活動をこなし、完成度の高いステージに立ち続けている。
筆者が15歳の時にも、こんなグループがいてほしかった。

どうだろう?私は、BTSがグラミー賞を取っても少しもおかしくないグループだと思うのだが。

読んでくださった方、ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です